スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所見学

Category : ミィ*4歳

そう 来年のミィの進路
悩んで悩んで‥
今月に入って心が決まりました。

来年の春ミィは通園施設を卒園して、保育所に行く。


やっと そう心が決まってスッキリとしてたはずなんだけど
それでもやっぱり気持ちは揺れるんですね。


火曜日
降園バスから降りてきたミィは、園長先生にギュギューッとしがみついて抱っこしてもらってたんです。
この日は久しぶりに園長先生がバスに乗ってくれてました。
私がミィの前に行っても名前を呼んでも、園長先生にしっかりとしがみついて抱っこから離れず。
ギューッと先生に抱っこちゃんでした。
ママのところにも来てくれないほど(母はちょっと寂しかったわよぅ
先生にピッタリと抱きついて
離れたくないよー!
となってる姿を見たらね
『あー こんなに抱っこでくっついて離れたくないほど安心できる先生がいて
楽しく通ってる園を転園させるのは可哀想かなー』
なんて泣きそうになりました。

そしてまた気持ちがグラグラって揺れました。



そんな中の保育所見学。


木曜日に見学に行った保育所は家から車で5分もかからないほどの距離にある保育所です。
夏にも見学させてもらったのに、今回またお願いしてしつこく見学させてもらいました。
夏に見学させてもらったときはパパは一緒じゃなかったから
やっぱりパパにも見てもらって、ふたりで話し合って最終結論を出そうということになったんです。
そして前回の見学のときは ミィ半分以上爆睡してたんですよ
なのでちゃんと起きてるときのミィの反応も見てみたかったんです。



この日は朝 家で崩れてて大泣きしてたミィでした。
そんなミィに「出かけるよー」と写真を見せて伝えると
大泣きしながらも玄関に行って靴履いて車に乗りこんでました
うわー こんな崩れてる状態で大丈夫かな
と思いながら保育所に行ったんです。

パパとは保育所の前で待ち合わせ
そして有難いことに今回も保健師さんが同行してくれました。

さてミィは機嫌もなんとか持ち直しパパ抱っこで保育所に入りました。

最初に年少さんの保育の様子を見せてもらいました。
年少さんは21人。
年少さんの先生は男性保育士さんなんだけど、市でも大人気の先生なんだそうです。
とにかく笑顔が良い♪面白くて子どもたちも大好きだろうなぁって思う先生でした。
大人気っていうのがわかる。
そして子ども達はみんな元気いっぱい!
大きな声で歌をうたって、踊ってました。
部屋の後ろにいる私たちが気になってみんなチラチラ見てくれるのが可愛かった。

実のところ、この元気パワーの賑やかな音や声に
ミィ嫌がるんちゃうかな
泣いて部屋に入れないんじゃないか
思いっきり耳ふさぎするだろうな
と色々と想像していたんです

先生の声も大きくて
ピアノの音
子ども達の声
上靴がドンドンと床に響く音

きっときっとミィは苦手かもしれない

でも保育所に入ればこれが日常で

だからミィがどんな反応をするのか これが一番気になってたんです



なんてことない。
泣くこともなく嫌がることもなく部屋に入れました。

最初は抱っこだったんだけど、部屋に入ってすぐに自分から降りて、後ろに置いてあるブロックで遊び始めました。
一瞬でブロックを見つけるなんて抱っこされながらもちゃんと部屋の中を見てたんや(笑)
ここでも『わ』ブーム炸裂
箱の中にあるブロックで『わ』を作ってましたよ^m^
年少さんのお友達が元気に歌ったり踊ったりするあいだ
耳ふさぎすることもなく、同じ部屋の中でいることができました。
かなり賑やかなんだけど平気だったみたい(・∀・)
まぁ みんなが踊ってても その様子を見ることもなく
パネルシアターをしてても
ブロックで輪を作ることに集中してましたが^^;
それでも この部屋の雰囲気が嫌じゃないんや
全然平気で同じ部屋の中で遊べるんや
ってことが何より驚いたというか、嬉しい驚きでした。
ここの保育所の雰囲気がミィには嫌なモノではなく
むしろ楽しい場所って思ってそうなそんな感じでした。
帰ろうって言っても まだ遊びたーいー!って部屋に戻っていくほどだったんです
そのミィの姿を見て
私もパパも  大丈夫!って思えたんです。
きっと 慣れてくれるだろうな
ここなら大丈夫だなって。
所長先生には不安に思ってることを色々とお話させてもらいました。
自閉的にかなり重いし
ほんまできないコトがいっぱいで、ひとりでできることって少ない
パニックにもすぐになるし
食事も手掴みです
お喋りもできない
そしてかなり偏食
食事に関しては対応させてもらいます
ミィちゃんが食べれる方法で。
もし食器にもこだわりがあるなら ミィちゃんが食べれる食器をお預かりします
と言ってくださって安心しました。

PECSのことも話したんですが
家ではカードを使って欲しいモノを要求したりします
保育所でも使うことは可能ですか?
ええ 大丈夫ですよ
今も園では次の場面に移るときに写真を見せたりしてる子もいてます。

パニックになることも色々
保育士さんたちはちゃんと勉強もしてるし勉強会にも行ってるから
そういうのは心配しなくても大丈夫ですよ

もしうちの保育所に来ていただけることになったら
ミィちゃんが楽しく通ってもらえるように、ケガのないように職員みんなで全力で見させてもらいます
と言ってくださいました。

とにかく
ミィちゃんが楽しいって思いながら来てもらうのが一番やから最初はそこから
あとのことは徐々に徐々にゆっくり慣れていってもらうようにします
と。

加配の先生との信頼関係をしっかりと作って安心して通ってもらえることが1番やからと。


あれもできん
これもできん
重い自閉の娘がほんとに大丈夫だろうか‥
なによりそれが不安で心配で

でも
所長先生のお返事を聞いて
ほんとに色々と対応してくれるんだ!って安心してホッとしました。

そしてなにより
たくさんの子ども達の中でミィが自分から抱っこから降りて部屋の中で遊んでいたこと。

揺れ動いてた心も
見学に行って これでホントにしっかりと決まりました。

そして
未来が楽しみにも思えます。




願書ももらって帰りました。
あとは記入して提出です。


11月の終わりに面接があります。


無事に入所が決まれば良いんだけどな。





見学が終わったあとミィを園に送っていったんです
出てきてくれた事務員さんが
「どうだった?」
って聞いてくれて
ミィの様子をお話しすると
「良かったなあ」
って言ってくれて、また泣きそうになりました。

いつもね 元気な事務員さんに色々と元気をもらってます^^
ありがとうございます

もちろん園の先生たちにもほんとお世話になってて
ミィのまわりの人たちにはほんとに恵まれてるなと
幸せなことやなあって思います。







この日の夕方の空


もうすっかり秋の空ですね


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

usagi*

Author:usagi*
2006年生まれのお姉ちゃんマー
2008年生まれの男女の双子ミィ(女のコ*自閉症です)とコウ(男のコ)
自閉症のミィのことを中心に子ども達との日々を綴ります。

最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
*
ポチッ*と応援クリックお願いします
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
*
*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。