スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のコ

Category : ミィ*4歳
今のミィのブーム?というかなんというか
花を摘むのが好きなんです
1年前のミィは花なんて目に入ってなかった感じだったのにね
花を摘むのが好きって女のコらしい♪
て、そんなことはありませんよ
花を摘んで
そして匂いをクンクン
鼻に花粉が付くぐらい くっつけてクンクン
ある意味アロマですよねー(・∀・)
お気に入りの花を摘んでは
ずーっと手に握りしめてます
そして鼻にくっつけてクンクン
ミィが クンクン クンクン 嗅いでるもんだから
どんな良い匂いがするんだろー?とミィの手に鼻を近付けてクンクンしてみたんですけど
結構長時間握りしめてるもんだから、最後のほうは花の香りがなんとも青臭い感じ(-_-)
けっして良い香り~♪ではなかった‥^^;
園の花壇でもムシムシと花をちぎってるようです
たまーに園に送って行くんですけど 真っ先に花壇に向かって、しゃがみ込んで花をちぎりまくってました。
園で摘んだお気に入りの花をお給食の時も握りしめたまま、そのまま家まで握りしめて帰ってきたこともあります。
この間から、福祉センターでも花壇の花をちぎるようになりました
先週はSTの間ずっと たくさんの花びらを握りしめてたし‥
今日はOTだったんだけど
車を降りるとやっぱり走って花壇に直行
キレイに咲いてる花を探して
花びらを1枚1枚ちぎってました


左の手の中の花びらを見つめてます
今日はセンターの玄関に入るまでに花びらが落ちちゃったんだけど‥
でも 拾いにいくことはしなかったな
(ん?ちょっとブームが下火になってきつつある?)
家でも花壇の花を摘みたくって
リビングの窓から裸足で飛び出ていってしまう
1年前も窓から外に飛び出ていってしまうミィでした。
気付いたらミィがいない!
隣の家の塀の上を歩いてた(>_<)なんてこともありました。
だから暑くても窓を開けれなかったんです。
最近は網戸にしてても出ていかなくなってたんですよ。
窓から入ってくる風が気持ちよくて
網戸で過ごせるようになったことが嬉しくて
出て行かなくなったミィにも成長を感じて
良い感じやわ~♪と喜んでたのに
花壇に花を植えてから隙あらば裸足で出ていってしまうようになりました。
一瞬で出ていくの
めちゃくちゃ素早いんです
そしてトレニアに一直線
ぷちっと花をちぎります
うちの花壇の中でミィはトレニアがお気に入りみたい
(形が好きみたい。他の花は摘みません)
またまた窓を開けれない生活に戻りました。
これからの季節 窓を閉め切らなきゃいけないってキツイなー
夕方頃 窓を開けると入ってくる風が涼しくて気持ちいいんだけど‥
6月 すでにもう暑いです。
そして
窓が開かないとなると、今度は玄関のドアを開けて出ていくようになりました。
今までミィが一人で玄関を開けて出て行くってことはなかったんです。
1週間前初めて玄関からミィが出て行ってしまいました。
もちろん裸足で‥
そして裏庭に走って行って花壇に入って花をちぎってました。
花をちぎりたい!
玄関から出て行ってしまうほど、その思いが強いんでしょうね
いつまでこのお花ブームが続くのかわからないけど
このブームがきっかけで、玄関から出ていってしまうようになりました。
今は玄関を飛び出しても裏庭に一直線だから危険ではないけど
いつ、そのまま道路に走っていってしまうかわからない。
玄関の鍵もかけておかなくちゃいけなくなりました。
まだまだ一人で外は危なすぎて出せれません。
時々ね 可哀想に思うんだけど。
お姉ちゃんもコウも
好きなように自分たちだけでお外に出て遊んでるのに、ミィは「ダメー!」って止められるんだもんね。
ミィだって「私も行きたいよー」って思うよね きっと。
そんなこんなの
ただいま花のコなミィです。


読んでいただきありがとうございました。
明日は(もう今日ですね)通園施設の親子保育です。
子ども達が園庭で遊んでる間、保護者は心肺蘇生法の講習をうけます。
では そろそろ寝ます
おやすみなさい*
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

usagi*

Author:usagi*
2006年生まれのお姉ちゃんマー
2008年生まれの男女の双子ミィ(女のコ*自閉症です)とコウ(男のコ)
自閉症のミィのことを中心に子ども達との日々を綴ります。

最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
*
ポチッ*と応援クリックお願いします
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
*
*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。