スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達相談(4歳5ヶ月)*続き*

Category : ミィ*4歳
さて 玩具で遊び始めるとすっかり落ち着いた娘です^^;
~検査の様子から~
色んな絵が描いてある紙、この日は絵を指さしたり触ったりしました。
以前だったら紙を出されても「何よこの紙ー!いらないわよー」ってフンって感じだったのが、とりあえず「こうするんでしょ」と犬の絵をトントンしたり車の絵をトントンしたり‥
今回は言っていることを聞いて絵をさわる  何を要求されてるのかってことを理解して行動に移すことができるようになってきたねと。
まだ言葉としてモノの名前がわかっていないので言われたモノの絵を指さすことはできないけど、それでも相手に何を求めらてるのかってことがわかるようになったねー と言ってくれました。
先生は遊んでるミィに「ミィちゃーん^^」と声をかけたりしながら色々とお話しをしたんですが
先生)「ミィちゃんが3歳頃から一番大きく変わったなと思うところは、本当に人の顔をしっかりと見るようになりましたよね。
ほんとにねー ここが1番大きく変わったなぁと思います」
私も ホントにそうだなーって思います。
ミィは私たちが話をしてる間玩具で遊びながらも時々チラッとこちらを見たり
ホワイトボードの後ろに隠れて歩いたりしてたんだけど、ホワイトボードの端からチラっと顔を出してみたり、「ミィちゃーん。あれ?ミィちゃんおらんよ」と言われると顔をひょこっと出したりねw
ちゃーんとこっちを意識してるね^^なんて言いながら。
おままごとの玩具ではプリン・ブロッコリー・パン・アイスクリームを選んで(ぜんぶミィが好きな食べ物^m^)お皿に乗せたり口をつけたりして遊んでたミィ。
先生はそのミィに合わせて「パク!おいしーい♪」「アイスクリーム♪あまーい♪つめたーい♪」と声をかけてくれてました。
そうそう ミィの様子を見ながらミィに声をかけたりしてくれて、なんだかまったりムードいっぱいの発達相談だったんです^^;
日頃のモロモロの悩みやそれに対するアドバイスをいただいたりしながらも、まったりと。
なかなか本題に入れないままそろそろ終わりの時間が近づいてきてます。
本題って そう 一番聞きたいのは進路のこと。
今日の発達相談はこの進路のことを1番聞きたかったんですよぅ‥。
来年の進路
保育所に転園するかどうか‥。
春には「来年は保育所に転園させよう!」とキッパリと言いきっていたパパ。
この頃のミィの様子をみて(すぐにギャーと火が付いたようにパニックになる。できてたトイレもできなくなったとか‥)「保育所は無理かなぁ。しんどいかなぁ。やっぱり来年も○○(通園施設)かなって思ってきた」と言っていて、私も9月の園の個人面談の時には正直どっちが良いのか本当にわからなくて悩んでました。
それがね、この頃は思い切って通園施設を出してもいいかな♪と思うようになってきたんです。
色々考えて、不安に思うことはもちろんめちゃくちゃたくさんあるけれど、でも 先まわりして不安ばっかりが大きく膨らんで ここでやめたらミィのいろんな可能性を私たち親が摘んでしまうことになるんじゃないかなって。
どうなるかは行ってみなくちゃわからないし。
もしかしたら新しい場所がミィにとって凄く楽しいって思える場所かもしれない。
同じ年齢のたくさんのお友達の中で、親が思ってるよりも 楽しくイキイキと過ごせるかもしれない。
新しい出逢い、先生達やたくさんのお友達  新しい世界をミィに知ってもらいたいなぁ
「無理かも」って勝手に決めつけてそのミィの新しい世界を親の私たちが止めてしまうことはしたくないな‥と。
そして数日前にもう一度パパに気持ちを聞いてみました。
パパの答えは「やっぱり来年も○○(通園施設)かな」でした。
私は出てもいいかなって思ってきたんだよって話をして、パパは少し驚いてました。
そしてこの発達相談で先生の意見を聞いてから‥先生が「うーん。来年も○○(通園施設)のほうがいいかな?」と言ったら、やっぱりこのまま来年も通園施設にしたほうが良いんじゃないかなという意見でした。
そんなこともあり、先生に「来年の進路のことなんですけど‥」と話を切り出しました。
パパが「ミィには保育所は無理ちゃうかな」と悩んでること。
先生からみてどう思いますか?
やっぱり保育所にいくのはしんどいですか?
「今のミィちゃんだったら 全然アリ!だと思います。思い切って出てみたら良いんじゃないかなと思います」
笑顔でキッパリ答えてくれました。
2年前だったらミィちゃん自身の安全を考えて止めてました。
ちょっとでも登れるところならどこにでも登るわよ~と、もう登って登って登らずにはいられなかったあの頃だったらいくら加配の先生が付いてくれると言っても一瞬目を離したすきに‥ということがあるから絶対に反対してました。
今も登るけれど、あの頃みたいにやみくもに!てのはなくなりましたよね
今もこの部屋には机も洗面台もあって、登ろうと思えば登れるけど登ってない‥
そして登るときも、手をかけてからタメがありますよね
「今から登るわよ」って感じで顔を見にくるもんねー。
今のミィちゃんだったら大丈夫だと思う。
保育所だと加配の先生がついてくれるしマンツーマンで先生がついてくれることになるから目も行き届くし、ちょっとしんどいかなぁって思うときなんかは落ち着くまで使ってない部屋で過ごさせてくれたりもしますよ。
ストーカーみたいにずっと後ろをついてまわってる必要はまったくないけれど全園児で集まって何かをする時やおやつの時間、給食の時間など必要なときはしっかりとついててくれます^^
と話してくれました。
先生がマンツーマンでついてくれて、まわりにはお手本になるお友達がたくさんいる。
今のミィちゃんだったら、人をしっかりと意識して見ることができるから
保育所に行ったら、今 持ってるけどまだ閉じたままになってるミィちゃんの新しい引き出しが開くかもしれませんねー
また違ったミィちゃんの姿を見ることができるかもしれませんね*^-^*
と言ってくださって、なんだかとても気持ちが軽くなりました。

行ってみて、どうしても最悪駄目だった場合はそれはその時になったらまた考えましょう。と。

ミィの中の新しい引き出しが開くのを見てみたいなって素直にそう思いました。
パパに先生の言葉を伝えると「そうか」と一言。
でもパパの顔もなんだか気持ちがフッと軽くなったように見えました。
ふたりとも、来年は保育所に‥と心が決まりました。
もう 来年の春は大きく崩れまくることは覚悟の上
でもどこに居ても春は変化の時、大なり小なり絶対に崩れるんだよー(T_T)
今年の春はホントに酷かった‥
来年の春は今年以上に崩れるかもしれない‥というか崩れるでしょう(苦笑
も お母さん覚悟できました
色々と心配なことはもちろんいっぱいあるんです。
自閉的にはかなり重い娘やもん
今保育所にいってるお友達に聞いたら、ミィほど重い子はいないらしいし‥
ほんとに大丈夫かなって想いはやっぱり強く強くある
けど、きっと経験は全て実になるはず
色んな経験をすることってやっぱり大切
そして何よりも、通園施設で過ごしてきたこの数年間がきっとミィの根っこになって力となってるはずです。
先生方からたくさんもらった愛情が、お友達と一緒に過ごしてきたこの日々が、ミィの根っこになる…。
そして次の発達相談は来年の春ということになりました。
転園してからの様子を見せてほしいし、たぶんお母さんも1番しんどい時でしょうからと。
さて、どうなることかー。
ハラハラドキドキです。
長文最後まで読んでくださってありがとうございました*
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

usagi*

Author:usagi*
2006年生まれのお姉ちゃんマー
2008年生まれの男女の双子ミィ(女のコ*自閉症です)とコウ(男のコ)
自閉症のミィのことを中心に子ども達との日々を綴ります。

最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
*
ポチッ*と応援クリックお願いします
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
*
*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。